VラインやIラインは“抜く”処理が1番危険というのは本当?!

実は、1番肌への負担が大きく危険性が高いと考えられているのが“抜く”という処理方法です。

 

毛抜きや、ブラジリアンワックスなど、何らかの方法でVラインのムダ毛を抜くという方法は
実はカミソリよりも注意点も肌への負担も多く、できればやめた方が良い処理方法で
あるといわれています。

 

Vライン付近の肌は、体の皮膚の中でもとても薄くデリケートな箇所
であり、毛抜きなどを利用して抜く際にもかなりの痛みを伴うはずです。
その痛みが嫌で抜く処理は行わない・・・という人がいれば、
それは正解です。ムダ毛の処理方法には様々ありますが、
痛みと肌へのダメージは完全に比例しているからです。
処理時の痛みや刺激が強ければ強いほど、
肌へのダメージも大きいのだということを忘れないでください。

 

抜くことで処理した際の肌へのダメージで考えられるのは、埋没毛、そして黒ずみと、毛嚢炎です。
毛抜きで毛を抜いてしまうと、しばらくの間毛穴が開きっぱなしの状態になってしまいます。

 

その間に万が一毛穴から雑菌などが入り込んでしまうと、
その箇所が毛嚢炎となってしまいます。

 

また、毛抜きで皮膚をはさんでしまい、傷ができたときも同様に傷口から雑菌が入れば
毛嚢炎になってしまいますし、またその傷口が色素沈着の原因となり、
肌が黒ずんでしまうということも考えられます。

 

そして、毛が途中で切れてしまったりして、毛穴が皮膚の再生により塞がってしまうと、
毛が皮膚の外に出て来られず皮膚の下で伸びていってしまうと埋没毛となってしまいます。
この埋没毛をどうにかしようと毛抜きで皮膚を破って毛を外に出したりすれば、
また黒ずみや毛嚢炎の原因となるなど、ちょっとしたトラブルが悪循環に
陥ってしまうということもあるのが“抜く”という処理方法の怖いところなのです。

 

毛抜きや、脱毛テープ、ブラジリアンワックス、そして家庭用脱毛器でも
引き抜くタイプのものがありますが、これらはできるだけ使用しないこと。

 

そして、どうしても使用するのであれば、入浴時などの肌が柔らかく毛穴が開いている
状態のときに使用するようにし、毛の生え方に沿って抜くようにすることが重要になります。
きちんと見れば、そのムダ毛が毛穴からどちらの方向に向かって生えているのか分かりますから、
適当に抜かないようにしてください。

 

ですが今はミュゼなどのVIO脱毛の費用も安いので、できれば脱毛してもらったほうが黒ずみも改善できますし良いと思います。