勃起不全のブランド化

勃起不全のブランド化

1990年代までに、バイアグラ登場のおぜん立てが済んだファイザー社は性倫理の科学的解釈に変化が生じ、性障害が心や社会、相手との関係ではなく、原因は体にあるとされるようになりました。

 

勃起の薬物治療への道を切り開き、泌尿器科絵がセラピストに変わり新たな性の権威となり、その一部では喜んで製薬業界の提携コンサルタントになりました。

 

インポテンツ治療薬が偶然に発見された。そこでファイザー社としては、シルデナフィルを美化し、売り込むための販売計画が必要となったのです。

 

臨床試験を始める前に、ファイザー社は自社製品向けの市場を構築し、一般の期待と開業医の回心をいかにして高めるということに注力しました。

 

「よいだけでは不十分」この言葉が示すように、精神治療薬を売るカギはその薬が治療対象とする病気を売ることだと業界は気がついていました。

 

医者は患者を治療するのだから、患者が訴えている症状が内科的疾患であると納得しなければならない。医者の立場からすれば、勃起不全の症状をバイアグラがきちんと改善する能力があることが大切なのです。

 

EDを巧みに主張してブランド化したファイザー社の戦略を称賛する経済学者もいます。

 

そうするためにファイザー社はバイアグラとそれに対応する内科的疾患EDが最初からきちんと理解され、一般の人々の想像の中で勃起不全の治療とバイアグラグラが切っても切れない関係になると確信しなければならなかったのです。