病気の広がりとバイアグラの効果

病気の広がりとバイアグラの効果

アメリカではこのような報道がされている。「ファイザー社は病気を作り上げ、今まで性生活に不満がなかった人々の不満を作り出した。」

 

このためにバイアグラの効果は知られることとなり、瞬く間に多くの人がバイアグラの登場とともに、医師にバイアグラの処方箋を求めて集まったのです。

 

バイアグラの効果は軽い症状の勃起不全の人にも、重い勃起不全の人にも効果があるとされています。

 

なので、自身の性生活に不満が少しでもある人は、ファイザー社の報道を見聞きして「自分は勃起不全なのではないだろうか?」と勝手に思い込んでしまったのです。

 

中には、勃起不全でもない人も含まれていたといいますが、勃起不全が起こる原因には自分自身が勃起不全なのではないかと思うだけで症状が出ることがあるのです。

 

このような勃起不全のことを、心因性勃起不全と言います。

 

心因性勃起不全でもバイアグラを服用することで改善に向かう効果があるようです。

 

なので、ファイザー社からすれば器質性の勃起不全でも心因性の勃起不戦でもいいのです。

 

患者が増えれば増えるほど、バイアグラの販売数が上がるということなのです。

 

勃起不全患者数は年々増加していますが、性に関することを報道することがタブー視されている文化があるから、日本でまだあまり報道されてはいません。

 

さらにバイアグラのアメリカほど日本では普及しておらず、手に入れる方法もアメリカのように手軽に購入できるというものではなく、病院に行って医師にバイアグラを処方してもらうか、個人輸入で海外から取り寄せるかしか方法がありません。

 

なので、日本でバイアグラの効果を知っている人はまだまだ少ないと言えるのです。

 

日本でも性生活の問題は、もうすぐクローズアップされその時にはバイアグラのことを人々が思い出すことだと思います。

 

その時にバイアグラの効果や効能など医薬品に対する知識がない人は、個人輸入をせずに、病院で医師にバイアグラを処方してもらう方が安全です。

 

なぜなら、バイアグラの効果には副作用が起こることがあるからです。それはすべての人が起こることがあるわけではないのですが、副作用の大きさによっては死の危険があります。

 

勃起不全という病気の広がりとバイアグラのもたらす効果が、多くの人々の性生活を向上するでしょう。