バイアグラの販促行為

バイアグラ発見は偶然ではなく、独創的な考えと研究、そして方向転換の結果だった。

 

バイアグラの臨床試験の幸せな被験者はどこにも見当たらないのです。販売1年後のバイアグラに対する考えが、この新薬の開発と販売に対してファイザー社が当初抱いていた企業としての体質を隠している。

 

2001年には、バイアグラの誕生の物語のキャッチコピーである「偶然の幸せ」が広く一般的に広がっている。ファイザー社はこの路線に沿った販売促進の印刷物を数多く作成し、自社の提携専門家医に配布しました。

 

しかし、医薬品開発と質病治療に専念するまじめな企業と言う公の場での評判を維持しようと、バイアグラを衰弱性機能障害あるいは疾患と関連付ける戦略や販売促進キャンペーンを画策し続けました。

 

そして、多くの人がバイアグラは幸せの薬であるとの認識に染まり、今なおその存在をありがたがる人が増えているのが現状です。

 

もちろんバイアグラの効果は地球上で類を見ない素晴らしいものですが、その販売方法が自然な流れでない感じがする研究者が多いのです。製薬会社がここまでした販促行動を起こす医薬品は今までになかったからです。

 

この件に関するファイザー社の回答は、バイアグラは禁忌薬や服用してはいけない条件が存在するので、そのことを正確値伝えるための行動でタイはないとしています。